クレジットカード 節約

クレジットカードは総量規制でどう変わったかご存知ですか?

「総量規制」最近なんだかよく目にする言葉ですよね。クレジットカードを使っている方なら1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。なにやら難しい言葉なのでよくわかりませんよね。僕も最初は恥ずかしながら何のことだかわからず、漢字のインスピレーションで高速道路の規制か何かだと勘違いしていて、気になって調べてみたら全く想像と違って驚きました。もっと簡単な言葉にしてくれればわかりやすいのですが…

2010年6月18日に正式に施工されたこの総量規制ですが、高速道路の規制じゃないなら一体なんなのか?実はクレジットカードを使っている人全てに関係があります。もちろん、これから新たにクレジットカードを持とうとしている方にも必ず知っておいてもらいたい言葉です。総量規制とは一体なんのことなのか、どうしてクレジットカードと関係あるのか、それでは気になっている方もいると思いますのでわかりやすく説明していきたいと思います。

総量規制によって今までとどこが変わったかというと、クレジットカードを使用した借入、いわゆるキャッシングをする場合に大きく関係してきます。総量規制により年収の3分の1を超える借入ができなくなったということで、つまり今現在キャッシングによる借入が年収の3分の1を超えていたとしたら、もうキャッシングはできないということです。例えば、年収300万円の人はその300万円の3分の1の100万円を超える借り入れはできない訳ですね。

これは例え他のカード会社でキャッシング目的のカードを作ろうとしても、既に年収の3分の1を超えた借入が他社からある場合には新たにカードを作ることはできませんので注意が必要です。ですが、あくまでキャッシングによる借入が総量規制の対象なので、例え借入が年収の3分の1を超えていたとしても、クレジットカードをショッピングに使うことはできます。なのでショッピングでの利用目的のカードなら新たに作ることが可能です。

また総量規制は自動車購入時の自動車担保貸付けや不動産購入の為の貸付けなどは対象外です。つまり、総量規制とはなんなのかをわかりやすく言えば、キャッシングをする場合は、年収の3分の1以下までの額しかキャッシングできない決まりが総量規制と覚えれば簡単ではないでしょうか。

カードで光熱費を払う前にメリット、デメリットを確認しよう

生活をしていく上で光熱費は必ずかかってくるものですが、その支払いを別々に支払うのは結構めんどうだったりもします。コンビニで振込用紙を何枚も出し、1枚1枚払うのはなかなか時間が掛かりますし、後ろに人が並んでいたら気を使ってしまいますよね。こんな時、光熱費をクレジットカードでまとめて支払いできたら楽じゃありませんか?では、どこまでの光熱費をクレジットカードで払うことが可能なのか。実際はほとんどの公共料金の支払いが可能なんです。

電気料金、水道料金、ガス料金、固定電話、携帯電話、NHKなどの放送料金、新聞購読料、インターネットプロバイダ料金、税金などの支払いがクレジットカードでできます。もちろん会社によってクレジットカード払い対応していたり、していなかったりする所がありますので必ずしも全てが払えるとは言えませんが、大半はクレジットカード払い対応になっています。では、光熱費をカード払いにした時、メリットデメリットはどうなのか気になりますよね。

メリットはやはり、支払う手間や払い忘れの心配がなくなることだと思います。コンビニで複数枚の振込用紙をそれぞれ支払う煩わしさもなくなりますし、払い忘れて電気や水道を止められることもありません。さらにクレジットカードのポイントが貯まるといった点がメリットではないでしょうか。ならば、公共料金をクレジットカード払いにした時のデメリットも気になりませんか?もちろんデメリットもあります。

もしも光熱費を口座振替にしていた場合、口座割引制度というものがあります。ほとんどの電気会社が電気料金の口座振替に対し年間630円の割引をするサービスをしています。つまり電気料金をクレジットカードで支払った場合、口座振替の時と比べ630円支払いが増えるというわけです。このデメリットは支払いが口座振替だった場合のデメリットなので、元々コンビニで振込用紙から支払っていた場合には関係ありません。

こうしてメリットデメリットを見て、光熱費の支払いをクレジットカード払いにするかどうかはあなた次第ですが、今まで口座振替だった人は割引の630円をお使いのカードのポイントと比べて考えてみるのも手ではないでしょうか。ですが元々、振込用紙で支払いをしていた方にとってみればメリットの方が大きいと思うので、これを機会にクレジットカード払いにしてみてはいかがでしょうか。

カードの支払いを延滞したらどうなるの?ミスする前に知っておくこと

もしもクレジットカードの支払いを延滞してしまったら、いったいどうなるのでしょうか。すぐにカードが使えなくなってしまい、ブラックリストに載ってしまうのか。クレジットカードの支払いは口座引き落としがほとんどなので、ついつい口座入金が間に合わず支払いができなかったりするミスが起こりがちです。支払い期日に引き落としができなかった場合、カード会社からあなたに指定日に引き落としができなかったと連絡があります。

この時点ですぐに支払いをすればそこまで問題はありませんが、この連絡を無視し続ければもちろんカード会社も警戒してきます。カードは入金確認が取れるまで使用停止にされてしまい、手紙や電話での催促も頻繁にくるようになります。これをさらに無視し続け、3ヶ月以上延滞を続ければ信用情報機関にあなたは延滞をし続けましたと登録をされ、今後の新しいカードの登録や他のカードの使用もできなくなる、いわゆるブラックリストに載ってしまうわけです。

ブラックリストに載ってしまったら、その後5年間は情報は消えることはありませんので、住宅ローンなども組めなくなってしまいます。こうなってからでは遅いので、もし止むを得ず支払いが遅れてしまう場合はカード会社に必ず連絡をすることをお勧めします。連絡をすることによって、あなたに踏み倒す意思がないことを明確にし、支払いの相談にのってくれるはずなので連絡することが大事です。もちろん、支払い期日を守り延滞しないようにする心構えが何よりも大事なことですが。

初めてのクレジットカード、使う前にまず再確認しよう!

もしあなたがクレジットカードを持てる歳になり、カードを持つようになったら最初に何を確認するでしょうか?それとも特に気にすることもなく使い始めますか?ついつい困った時には頼ってしまうほど、クレジットカードは便利な物ですが使い方を間違えると大変なことになるので注意しなければなりません。使う前にクレジットカードとはなんなのか、お金を借りるとはどういうことなのかを確認しましょう。

では何を確認するか、まずは利息というものを確認することが大事です。クレジットカードには利用可能額があり、その枠の中ならいくらでも使うことができます。例えば利用可能額が50万円だったとしたら、1度に50万円を借りることも可能ですが、この50万円はカード会社から借りた状態なので当然利息がつきます。利息とはなんなのか、これをまずは知ることがとても大事なんです。利息を理解した上でクレジットカードを利用するようにしましょう。

例えば50万円借りて年利は18%、月々の返済額を2万円とした場合利息はどうなってくるか。年利とは1年間そのお金を借りていた場合に発生する利息の割合のことなので、月々の利息は「借り入れ額×年利÷365×借入日数」で計算されます。「50万円×18%=9万円」が1年の利息で、さらにこの「9万円÷365=246円」が1日の利息です。この1日の利息に月々の支払いが1ヶ月毎なので31を掛けると「246円×31日=7626円」を毎月利息で払う計算になります。

この利息が高いと思うかどうかは人それぞれですが、こうして利息を知っておけば、クレジットカードを使う時は気をつけて使おうと思えるのではないのでしょうか。ただ借りるのではなく、返済のことも考えて利用することが大事なことだと思います。便利なクレジットカードだからこそ、計画的に使いたいものですね。

彼の持つクレジットカードでステータスを見破れる!?

気になる彼のステータスを探るにはどこを見て判断していますか?普通は腕時計や乗っている車で判断しますよね。高い腕時計をしていたり高級車に乗っている彼なら社会的ステータスが高いと思いがちですが実際のところはどうなんでしょう。今は腕時計も精巧なコピー品が格安で手に入りますし、高級車を安く手に入れる手段もあって実際のステータスを知るには少し判断が難しいと思います。それなら何を見ればいいのか、その1つにクレジットカードがあります。

クレジットカードは腕時計や車と違い、ある程度の年収と信用がなければ持つことができない所がポイントです。さらにクレジットカードにも審査が難しいカードがあるので、そんなカードを持っていれば必然的に彼の社会的ステータスは高いと言えます。例えばゴールドカードを持っている彼ならステータスが高いと思いますが、更に持つことが困難なカードがあるのをご存知ですか?それがプラチナカード、ブラックカードです。

ブラックカードは一般人が持つことは不可能と言われているレベルなので、もし彼がブラックカードを持っていたら彼はおそらく大企業の社長か野球選手だと思います。これはあまり現実的じゃありませんが、プラチナカードならまだ可能性があります。ですがこちらもなかなか難しいとされているのですが、その理由としてプラチナカードを持つにはゴールドカードを一定期間使い続け、滞りなく支払っているとある時カード会社からプラチナカードの紹介が届く仕組みになっているからです。

つまり自分からカード会社にプラチナカードにしたいと申し込んでも門前払いされてしまうわけですね。もしこんなカードを彼が持っているとしたなら、物凄い社会的ステータスの持ち主というわけです。こうやってクレジットカード1枚でも彼のステータスを探ることができるので、試しにデートの時にでもコッソリ確認してみてください。

紛失したと思ったカードが出てきた、これどうすればいいの?

探し回っても見つからず、無くしたと思って諦めていた物が見つかった時は嬉しいものですよね。ではそれがクレジットカードだった場合はどうでしょう。無くしたと思いカード会社に連絡して使用停止にしてもらったカードが見つかったら、一体どのように対処すればいいかご存知ですか?たまに勘違いしている人がいますが、一度使用停止したカードでもカード会社にカードが見つかったからまた使えるようにしてくれと頼めば使えるわけではないので注意してください。

例えば、カードを入れた財布を落として慌ててカード会社に連絡して使用停止処置をとってもらい一安心していたら、その後すぐに財布が見つかりカード会社に連絡したとします。この間が例え5分、10分だとしても一度使用停止にしたクレジットカードを再び使えるようにはできません。これは何故かと言うと、財布の中にはお金やクレジットカードだけではなく、免許証も入れている方が大半ですよね。

もしあなたが落とした財布を他人が拾い、それが悪人の手に渡りクレジットカードを不正に使おうとして既に使用停止になっていた場合、カード会社に連絡し一緒に拾った免許証から個人情報を得て本人に成り済まして使用再開を申し出たらどうでしょうか?こういった不正利用を防ぐ為に、一度使用停止したカードは二度と使うことができなくなっているわけです。こうした理由なら当然の処置だと納得できますよね。

紛失したと思っていたカードが出てきた場合、カード会社に連絡するとハサミでバラバラに切り刻んで捨てるように指示されます。持っていても使うことはできませんので遠慮無くハサミを入れて処分しましょう。

クレジットカードを入れた財布を落とした!まずやるべき事とは

誰でも思い返せば一度は財布を落とした経験があると思います。いつもの場所にあるはずの財布がどこを探しても見つからなかった時の絶望感は思い返すだけでも冷や汗が出てくるものです。現金はもちろんのこと、クレジットカードも一緒に落としたとなればさらに焦ってしまい、どうすればいいのかわかりませんよね。財布は交番に紛失届を出せば終わりですが、クレジットカードは他人に拾われて不正に使われたら大変なことです。いざそうしたアクシデントに遭遇してしまった場合にまずどうするべきなのか知っておくことが大事だと思います。

ここではクレジットカードを落として無くしてしまった場合にまず、するべきことを書いていきたいと思います。まずするべきこと、それはその日1日自分が行動したルートを戻り落とした財布を探すことではなく、知人や友人に頼んで財布を探すことでもありません。なによりもまず、カード会社にクレジットカードを落としたと連絡することです。そうすることにより連絡を受けた時点でカード会社はすぐに落としたカードを使用停止にしてくれます。これでもし他人に拾われてもそのカードは使用することはできなくなっているので心配はいらなくなるわけです。

では、もしもカード会社への連絡が遅くなってしまい、使用停止にするまでの間に他人に不正利用されたらどうすればいいか心配になりますよね。実はクレジットカードには保険があって、もしも不正利用されたとしてもカード会社が補償をしてくれる場合があります。でも補償を受けるには、不正利用された被害届を警察に出してその受理番号をカード会社に提出しなければならかったりと色々とめんどうな手続きが必要になります。なのでカードを落としたらすぐにカード会社に連絡して使用停止してもらうようにしましょう。

未成年でもクレジットカード持てるの?賢く選ぶなら○○カード

社会に出て生活していると、何かとお金が必要になってきますよね、手持ちがない時に大変便利なのがクレジットカードではないでしょうか。普段の生活でも頻繁に使用されている方も多いと思います。それだけクレジットカードという物は我々の生活には欠かせないものになってきているのを感じます。今はネットショッピングにもクレジットカードは当たり前ですよね、僕も現金よりカード払いを選択する機会が増えてきました。

では、こうしたクレジットカードを学生や未成年が持つことができるのでしょうか?一般的にクレジットカードを作れるのは18歳以上の安定した収入がある方とされています。つまり、例えカード申し込み時に18歳でも働いて安定した収入がある場合、未成年とは扱われずカードを持つことが可能というわけです。もちろん法律上では未成年なのでカード申し込み時には親の承諾書が必要になりますが、カードを持つことは可能なんです。

ここで注意する点が1つ、18歳以上でも高校生は一部の海外留学などの特例を除きカードを作ることができないとされています。これは高校生は未成年として扱われる為、審査の対象外とされるからです。それなら高校生以外の18歳以上でも安定した収入がない人はカードを作ることができないのか気になりますよね?実は作れるカードがあるんです。ここでは、そういった人向けのカード選びを紹介していきたいと思います。

まず1つ目は家族カードです。家族カードとは一体なんなのか?なんだかピンとこない人もいると思います。例えば父親がクレジットカードを持っている場合、その契約しているカード会社に子供を家族会員にしたいと申し込みます。それから審査に入るわけですが、この時に審査されるのは家族会員になりたい子供ではなく、本会員である父親が審査対象とされます。父親がしっかりと支払いをしていれば、よっぽどのことがない限り審査には通るので通常のカードよりも手に入りやすいカードです。

審査が終わればカード会社から子供宛に家族カードが送られてきます。この家族カードは普通のクレジットカードと同じように使えますが、請求は本会員である父親の元にきます。つまり、父親がカードを使った分と、子供がカードを使った2人分の合わせた請求がくるという訳です。つまり、家族会員である子供がカードを何に使ったかは請求書を見れば一目瞭然なので、親に内緒でカードを使うことはちょっと難しいかもしれませんね。

でも親にカードを何に使ったかバレたくないし、自分はまだ大学生や専門学生で安定した収入もない!そういった方には学生カードがお勧めです。学生カードというのは、その名の通り学生向けに作られたクレジットカードなので年会費無料の所がほとんどですが、一般的なクレジットカードとは少し違い利用可能額が低く設定されています。どのくらいかというと、低い所では5万円まで、高くても30万円までと一般的なクレジットカードと比べれば少ないですね。

更にはこの学生カード。原則キャッシングが利用できない場合がほとんどで、キャッシングが利用できる学生カードでも上限が10万円ほどと、やはり低く設定されています。では審査の方はどうなのか、やはり学生なので審査が厳しいのかというと実はそんなに厳しくはないみたいですね。これは何故かというと、学生=両親が子供を学校に通わせれるほどの経済力がある為、支払いを踏み倒される心配が少ないことが理由です。

家族カードや学生カードを選べば、未成年でもクレジットカードが身近なものになりますので自分に合ったカードを選んでみてはいかかでしょうか。

憧れのゴールドカード、持てるのは何歳から?

クレジットカードを持っている人なら誰でも憧れるカード、それはゴールドカードではないでしょうか。でも実際はテレビや雑誌などでしか見たことがない人がほとんどだと思います。自分には縁遠い物だと思ってしまいがちなので、存在は知っていても詳しいことはよくわかっていないのではないでしょうか。デートで食事に行き、お会計の時にサッとゴールドカードを出して支払いを済ます…確かに憧れますよね。

ゴールドカードといえば、大企業の社長や医者などのお金持ちが持っているイメージがありますよね。ではお金持ちなら何歳からでもゴールドカードを持つことができるのでしょうか?18歳で商売が成功し、お金持ちになったとしたらゴールドカードが持てるのでしょうか?答えはNOです。実はゴールドカードを持てる年齢というのは決まっていて、25歳からでないと持つことはできません。なぜ25歳からじゃないとダメなのか、わかりませんよね。

一般的にクレジットカードを持てる年齢は18歳以上と決まっていますが例えば18歳でカードを作り、そのまま25歳まで継続して使っていれば誰でも必然的にゴールドカードを持つことができるのかといえば、そういうわけでもありません。ゴールドカードを持つには確かに25歳以上と決まっていますが、さらに信用があり、一定の収入がなければゴールドカードを作ることはできません。さすが憧れのゴールドカード、なかなか簡単には手に入りません。

つまり毎月の支払い日に延滞なく支払いができているかどうかが信用になるわけです。一定の収入というのは、言い換えれば年収ですがいくらの年収があればゴールドカードを作れるのか、これは4000500万円と大体相場が決まっています。つまり年齢は25歳以上で、毎月の支払いを怠らず、年収が4000500万円ある人のみがゴールドカードを持つことができるというわけです。年齢や信用は問題無くても、年収は少しハードルが高い気がします。

このように当初のイメージ通り、ゴールドカードはお金持ちが持てる物なのかもしれません。ですが憧れのゴールドカード、条件は厳しいですが、いつかは必ず手に入れてみたいものです。

知ってました?コンビニで使うと実はお得なクレジットカードとは

最近コンビニのレジに並んでいると、前の人がクレジットカードで支払いを済ませている光景をよく目撃します。財布からいちいちお札や小銭を数えて出すよりもとてもスムーズに感じますが、いざ自分がクレジットカードで支払いをしようと思っても手数料を多く取られるんではないだろうかと不安に感じてしまい、なかなか抵抗がありますよね。現金で支払った方が不安がないし、そもそもどんなクレジットカードを使えばいいのかなんてわかりませんよね。

でも実際はコンビニで現金で支払うよりもお得なカードは確かに存在します。いつもニコニコ現金払いの心がけは素晴らしいことですが、どうせならお得な方がいいですよね?普段の生活でコンビニをよく利用する人ならば尚更お得なカードを選んでほしいと思います。もしかしたら、毎日のコンビニ利用が楽しく感じるかもしれません。ここではそんなお得なカードを何点かご紹介していきますのでご参考にしてみてください。

まず知っておきたいことは、コンビニで通常のクレジットカードで支払った場合ポイントは0.5%0ほど貯まります。0.5%ってなんだかとても少ない感じがしますよね。ですが、これより更にお得な1%02.5%ポイントが貯まるクレジットカードがあったら嬉しくないですか?通常のクレジットカードより断然お得なポイントが貯まるカード、それがコンビニ専用クレジットカードです。

それぞれのコンビニと提携したクレジットカードで、セブンイレブンならセブンカードでこのカードはセブンイレブンだけではなく、セブン&アイ関連の全てのお店でポイント還元率が1.5%と高還元率です。他にもローソンならローソンPontaカードがあり、このカードは100円で1ポイント貯まり、さらにこのカードを提示すれば現金払いでもカード払いでもポイントが貯まるお得な特典があります。

この他にもファミリーマートならファミマTカードがありますが、このカードはポイント還元率が1.5%で更に毎週火曜日と土曜日にファミリーマートでショッピングすればポイント2倍の2.5%と高還元率です。ミニストップならイオンカードがお得で、通常ポイントは0.5%と普通ですが毎月5日、10日、15日、25日にミニストップでカードを使えばポイント2倍の特典があります。どのカードも大変お得ですよね。

このようにそれぞれのコンビニで使うとお得なクレジットカードがコンビニ専用クレジットカードです。もし普段よく行くコンビニがあるのなら、そのコンビニ専用のクレジットカードを作ればお得なお買い物ができるわけです。

1 2 3 >